ファッションとしても楽しめる!エプロンで変わる印象

ファッションとしても楽しめる!エプロンで変わる印象

婦人

エプロンの機能は服を汚さないためにつける前当てです。でも、エプロンの魅力はそれだけではありません。色や柄、デザインなどもさまざまで、オシャレの一部としても楽しめます。
男性の8割以上は女性のエプロン姿にかわいい、と好感をもつそうですし、レストランのシェフなど、白いエプロンと帽子をかぶった姿には、料理への期待や信頼、頼もしさをも感じますね。
料理人以外の職種でもエプロンを身につける人はいます。
一緒にエプロンの魅力を探ってみませんか。

エプロンには胸当てのついたタイプのものと、腰から下のみのタイプのものがあります。
胸当てのついたタイプのものは、基本的には紐を後ろに回し、腰の後ろで蝶結びにします。首の後ろから紐を前の胸元の穴に通して止めるものもあります。また、紐を回さず、ボタンなどで止めるタイプのものもあります。
腰から下のタイプのものは、腰の部分で紐をぐるりを回し、前で一文字に結びます。
このほか、着脱が簡単なように工夫されたものもあります。

エプロンの基本的な型や、丈、色などが決まっていれば通販で簡単に購入することができます。オリジナルなロゴや刺繍などを入れることもできます。制服などで、大量に購入するときには通販が便利でしょう。
一方、専門店舗では、輸入品や一点物など、特殊なもの、ファッション性の高いものを購入したり、自分でオリジナルなものを作りたいときなどには向いています。

エプロンを制服にする意味!

制服をエプロンにすると、汚れを防ぐという実質的な目的の他に、おもてなしの気持ちや感謝の気持ちを表すことにもなります。
スタッフが同じエプロンに統一することによって、気持ちが揃い、チーム力がアップすることもあります。
仕事モードにスイッチが入ってスタッフをその気にさせる不思議な力がエプロンにはあります。
エプロンのデザインそのものにお店の理念やモットーを込めて作るとその効果は絶大です。

エプロンを着用するメリットランキング!

no.1

エプロンの丈に注目しよう

もっとも一般的なのは胸当てつきのエプロンで、胸元から膝上くらいまでの丈があり、汚れやすいところをすっぽり覆ってくれます。
腰下丈のエプロンは長さが様々あります。カフェエプロンの名前でも知られている短い丈のエプロンは、汚れ防止と言うより、オシャレ度が高いものです。軽快な印象で動きやすく、邪魔になりません。
膝下丈、あるいはそれより長いものはソムリエエプロンなどとも呼ばれています。その名の通り、ソムリエなどが着用するシックなデザインのものが多いようです。落ち着いた雰囲気を醸し出します。スリットが入っていて、足さばきの邪魔にならないものもあります。

no.2

制服やかぶり物とのコーディネートで

エプロンを考える時は、制服や帽子、はちまきやバンダナといった頭につけるものも含めて全身のコーディネートで考えましょう。エプロンは正面から見て一番大きな面積を占めるものです。デザインのポイントとして、お店のイメージを伝えるものとして、色や柄、素材、デザインを考えていくといいでしょう。

no.3

男性のエプロン姿もかっこいい

男性のエプロン姿もなかなか素敵です。シェフやコックさんの白いエプロンもいいですが、和食店、ソムリエなどでも使われていますね。
色は黒・茶・紺などの濃い色が渋さを引き立てるようです。デニム調のエプロンだと、気さくさを感じますね。
和風の作務衣風のデザインのものも人気があります。