用途や店のコンセプトに合わせたエプロンの選び方

用途や店のコンセプトに合わせたエプロンの選び方

レディ

肩掛けエプロンのメリット

肩掛けエプロンは主に料理を作るときに使われるものです。一般家庭向けの肩掛けエプロンだけでも、多くの種類が売られていますので、家庭で料理を作る人でも多くの人が使っています。そして、料理を作るときは火や油を使いますし、食材が飛び散るおそれがあります。そうなると当然、服が汚れる可能性が高いです。ですが、肩掛けエプロンをつけていれば、料理を作るときに服が汚れることを防ぐことができます。

ただ、今の世の中の一般家庭では、油や食材などが飛び散る料理をする機会は減っていますので、肩掛けエプロンが不要であるという話があります。しかし、食事の後に食器を洗わなくてはいけないことは、今も変わりません。食器を洗うときは、洗剤が服に飛び散ることがありますから、肩掛けエプロンは今でも必要なものです。

腰巻きエプロンのメリット

カフェに行ってみると、ウエイターやウエイトレスが腰に何かを巻いています。この腰に巻いているものは、腰巻きエプロンと呼ばれています。しかし、エプロンというのは、上半身に汚れがつくことを防ぐイメージがありまから、腰巻きエプロンだけでは不便そうに見えます。ですが、腰巻きエプロンにはポケットが付いていて、荷物が入れられますし、何かものを運ぶ時には腰巻きエプロンをつけていると、ズボンが汚れずに済みます。

一見、役に立たないように見えますが、カフェなどで働いているときは、腰巻きエプロンをつけていると大変便利なのです。また、日本には古くから前掛けというものがありますが、前掛けをつける利点も腰巻きエプロンと共通しているところが多いです。